Our trial centres

施設

リッチモンド・ファーマコロジーの 治験施設は、ロンドン市内の急性期NHS病院に2ヶ所、セントジョージズ病院と クロイドン大学病院内に、アクセスコントロールされた専用施設を設 けております。弊社 の治験施設には、病床数が100あり、24時間体制と救急および集中治療施設への即時アクセスを備えているため、被験者の安全性には万全 を期しておりま す。施設滞在中のボランティアには娯楽室を備え、日本人ボランティア専用の娯楽施設を用意しております。

弊社は、医薬品医療製品規制庁(MHRA)のStandardとSupplementaryの認定を受けて おり、弊社の 治験に参加する被験者の安全性においては最高水準が保たれております 。


スタッフ

弊社のブリッジング試験チームは、継続的にトレーニングを受けることにより、高水準を保ち、全ての分野におけるブリッジング試験と初期の治験に関して幅広 い知識を持 っております。弊社の3人のディレクターは、臨床薬理学者であり、経験豊富で献身的なスタッフが集まるチームを指導 しております。

言語と文化の両者を理解することによって、あらゆる治験の様子を正確に記録いたします。またボランティアには安全で快適な環境の提供を可能 にしております。日本 語を話すスタッフは、ボランティアリクルート課、プロジェクトマネージメント課、病棟や通院時の治験チームに常勤 しております。


食事

リッチモンド・ファーマコロジーは、治験期間中の食事のために、幅広いメニューをボランティアの方々に提供 しております。ブリッジング試験用に白人と日本人両者の ボランティアの口に合うよう特別にメニューを用意しております。 メニューは、治験の条件に合うように作られ、社内キッチンのシェフが管理 をしております。